• ホーム
  • ツゲインの副作用で多いのはかゆみや炎症!副作用を起こさないための使い方は

ツゲインの副作用で多いのはかゆみや炎症!副作用を起こさないための使い方は

2020年05月06日
ブラシで髪を梳かしている男性

ツゲインにはいくつかの副作用があります。そのうちの1つがかゆみです。ツゲインを使用することに対してまだ慣れていない肌が敏感に反応してしまい、かゆみを生じるということが起こり得ます。ここで強くかいてしまうと炎症などを起こしてしまう可能性があるので、なるべく我慢するようにしましょう。そのほかの症状としては発疹、発赤、ふけ、頭痛、めまいなどが挙げられます。これらはツゲインを使用する上である程度想定される症状なので、軽度であればあまり気にする必要がありません。しかしながら、我慢できないほどの強いかゆみが出たり、頭皮に大きな異常が発生したりした場合にはすぐに使用を中断し、医師に相談することが重要となります。

ツゲインの副作用を完全に防ぐことは難しいものの、工夫することである程度抑えることは可能です。ツゲインは薄毛の部分に塗布する必要がありますが、この時にあまりにも特定の場所だけに集中させてしまうとその箇所に良い作用も悪い作用も出やすくなります。それゆえになるべく指でしっかりとなじませることが重要です。なじませ方が十分であれば副作用が出る可能性は低くなります。ツゲインは2%、5%、10%という3つのタイプがあります。濃度が高いほど効果が大きくなると考えられますが、一方で副作用も大きくなりますので、どうしても気になるという場合は少し低めの濃度のツゲインを選択することも有効と言えるでしょう。

ツゲインには使用を回避した方が良い方もいます。その方が使用することによって通常よりも大きな副作用が出る可能性があるからです。具体的にはミノキシジルに過敏症がある方、未成年者、妊娠中の方、授乳中の方などは基本的に使用できません。また、高血圧や低血圧、腎臓障害の方は慎重に使用することが重要となります。不自然な症状が現れた場合には、その症状がどの作用によるものなのかを確認することが大切です。そのために必要に応じて医師の診断を受けましょう。

生活習慣が乱れている時にツゲインを使用すると、通常よりも副作用が出やすくなることがあるので、抑えたい場合は生活習慣にも気を付けておくことが重要と言えるでしょう。特に睡眠時間の確保は薬の効果を高めるためにも大切な要素です。副作用を抑える方法をすべて実践したとしても、完全に発生を防げるとは限りません。ある程度は副作用があるものと考えて、使用を続けていくことが発毛効果を得る上で重要といえるでしょう。

関連記事
ツゲインの正しい使用方法を解説|スプレー式の場合とそうでない場合の違い

ツゲインは1日に2回使用します。服用間隔として12時間を空ける必要があるので、朝と晩に服用するのがベターと言えるでしょう。ツゲインを塗布する方法についてはスプレーとスポイトという2つの方法があります。付属のスプレーで塗布する場合はまずキャップを外し、スプレーノズルをボトルに装着します。その状態のまま...

2020年04月21日
薄毛の改善におすすめの頭皮マッサージすべきツボとは

ツボを意識した頭皮マッサージを行うことにより、薄毛の改善に良い効果を期待することが出来ます。有効なツボの1つが百会です。百会は頭のほぼ中央にあるツボであり、頭皮にあるツボの中でも特に代表的な存在となっています。ここを押すことにより、頭痛や血行改善、鼻づまり改善などが期待できます。不眠や高血圧など全般...

2020年07月09日
ミノキシジルとアルコールの併用はNG!頭痛薬や胃腸薬も併用してはいけない理由とは

ツゲインの主成分であるミノキシジルとアルコールは相性が悪いとされています。その理由は大きく3つあります。その1つ目はアルコールを摂取することでジヒドロテストステロンの生成量が増える可能性があるということです。ジヒドロテストステロンはAGAの原因とされている物質であり、この物質が増えることでAGAが進...

2020年06月06日
ツゲインの薄毛改善成分を徹底解説!AGAに効果があると言われる理由とは?

ツゲインの主成分はミノキシジルです。ほかに余分な成分は含まれておらず、基本的にこのミノキシジルがツゲインの効果の多くを担っています。ミノキシジルは頭皮に直接的に塗布することによって発毛を促し、抜け毛を防ぐ効果を発揮します。半年間使用を続けることによって約90%の方に薄毛の改善が期待できるとされていま...

2020年04月01日