• ホーム
  • ツゲインの薄毛改善成分を徹底解説!AGAに効果があると言われる理由とは?

ツゲインの薄毛改善成分を徹底解説!AGAに効果があると言われる理由とは?

2020年04月01日
髪が薄い男性

ツゲインの主成分はミノキシジルです。ほかに余分な成分は含まれておらず、基本的にこのミノキシジルがツゲインの効果の多くを担っています。ミノキシジルは頭皮に直接的に塗布することによって発毛を促し、抜け毛を防ぐ効果を発揮します。半年間使用を続けることによって約90%の方に薄毛の改善が期待できるとされています。ツゲインはミノキシジルの含量によって3つの種類が用意されており、最大では10%のミノキシジルが配合されたものもあります。

ツゲインに配合されているミノキシジルは日本において、唯一発毛剤として認められている成分でもあります。AGA治療薬としては他にもフィナステリドやデュタステリドなどがありますが、これらは男性ホルモンを抑制する効果を持ちます。それに対してミノキシジルは発毛そのものを促進させる効果を持っており、育毛剤として一線を画す存在となっています。これまでに他の育毛剤を使用して発毛が実現できなかった場合でも、この成分であれば効果を期待できるということです。ツゲインにはミノキシジルのほかにタンパク質であるケラチンが配合されています。ケラチンは髪の毛を作る際に欠かせない成分であり、日ごろタンパク質をあまりとっていない方にもうってつけと言えるでしょう。ミノキシジルとケラチンの組み合わせによって、力強い髪の毛をどんどんと作る可能性が高まっていきます。

ツゲインの主成分であるミノキシジルは臨床試験にて効果が確認されており、単に机上の空論ではないということがよく分かります。ある臨床実験によるとツゲインを使用し始めて8週間の時点では10%の改善でしたが、それが12週間後には60%に跳ね上がり、24週間後には90%が改善したとされます。この臨床実験により、髪を増やす効果と髪を太くする効果が立証されました。

ミノキシジルは薄毛を発症している部分に塗って使うため、気になるところをピンポイントでケアすることが出来ます。毛母細胞に作用することにより、健全な発毛を促す効果を発揮します。古い毛髪が抜け落ちてから新しく生え変わるまでの休止期が短縮されるという特徴があり、強引な刺激を与えるものではありません。実際の効果が現れるには最低でも6週間以上は使用を続けることが重要となります。それゆえに継続的に使用できるようにツゲインを用意する必要があると言えるでしょう。ツゲインは効くメカニズムも簡単なので育毛剤が初めての方にもぴったりです。

関連記事
ツゲインの正しい使用方法を解説|スプレー式の場合とそうでない場合の違い

ツゲインは1日に2回使用します。服用間隔として12時間を空ける必要があるので、朝と晩に服用するのがベターと言えるでしょう。ツゲインを塗布する方法についてはスプレーとスポイトという2つの方法があります。付属のスプレーで塗布する場合はまずキャップを外し、スプレーノズルをボトルに装着します。その状態のまま...

2020年04月21日
薄毛の改善におすすめの頭皮マッサージすべきツボとは

ツボを意識した頭皮マッサージを行うことにより、薄毛の改善に良い効果を期待することが出来ます。有効なツボの1つが百会です。百会は頭のほぼ中央にあるツボであり、頭皮にあるツボの中でも特に代表的な存在となっています。ここを押すことにより、頭痛や血行改善、鼻づまり改善などが期待できます。不眠や高血圧など全般...

2020年07月09日
ミノキシジルとアルコールの併用はNG!頭痛薬や胃腸薬も併用してはいけない理由とは

ツゲインの主成分であるミノキシジルとアルコールは相性が悪いとされています。その理由は大きく3つあります。その1つ目はアルコールを摂取することでジヒドロテストステロンの生成量が増える可能性があるということです。ジヒドロテストステロンはAGAの原因とされている物質であり、この物質が増えることでAGAが進...

2020年06月06日
ツゲインの副作用で多いのはかゆみや炎症!副作用を起こさないための使い方は

ツゲインにはいくつかの副作用があります。そのうちの1つがかゆみです。ツゲインを使用することに対してまだ慣れていない肌が敏感に反応してしまい、かゆみを生じるということが起こり得ます。ここで強くかいてしまうと炎症などを起こしてしまう可能性があるので、なるべく我慢するようにしましょう。そのほかの症状として...

2020年05月06日